がん予防|清見台レディースクリニック | 木更津の産科、婦人科、血管外科

  • 〒292-0042 千葉県木更津市清見台南1-10-13
  • 診療時間am.9:00-12:00 / pm.14:30-17:30

がん予防

がん予防

PREVENTION

婦人科領域では子宮頸がんと子宮体がんと卵巣がんがメジャーな悪性腫瘍です。子宮体がんや卵巣がんは検診で見つかることもありますが、確実な予防ができません。子宮体がんの検診は超音波検査と内膜細胞診で検査を行い、卵巣がんについては超音波検査で卵巣が腫れているかどうか検査します。
一方、子宮頸がんに関しては原因やがん化の過程が明らかになっている唯一のがんであり、ワクチン接種と検診で防ぐことができるのです。

子宮頸がん

子宮頸がんは子宮頚部にヒトパピローマウイルス(HPV)に感染し、その感染がたまたま持続すると子宮頚部異形成という前がん病変を経てがん化していきます。HPVはごくありふれたウィルスで、性交渉で感染しますが、9割は自然排除されます。一度でも性交渉のある女性であれば、一生のうちに50-80%の人が一度は感染するといわれています。つまり子宮頸がんは誰にでも発症しうるのです。HPVに感染して子宮頚部異形成になるまで1~5年、がんになるまでには10年以上かかると考えられています。

子宮頸がん検診

PREVENTION

細胞診

標準的な子宮頸がん検診の方法で、子宮の入口をこすって細胞の形態をみる検査です。この検査でがんになる手前の状態で、早期発見することが可能です。80%弱の確率で中等度異形成以上の病変を見つけることができます。
市の検診の案内をお持ちの方はこの検査を行います。

HPV検査

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)を検出する検査です。細胞診よりも見逃しが少なく、95%程度の確率で中等度異形成以上の病変を見つけることができます。HPV検査が「陰性」という太鼓判があれば、がん化するまでの猶予期間として次回の検診を理論上3-5年あけてもよいということになります。逆に「陽性」であっても、細胞診で異常がなければその時点で治療の必要はありません。多くの場合いずれウィルスは自然排除されます。
オーストラリアでは世界に先駆けて、2017年より子宮頸がん検診を細胞診ではなく、HPV検査で行っています。当院でも自費診療で子宮頸がん検診をご希望される方にはHPV検査をおすすめしています。

子宮頸がんワクチン

PREVENTION

子宮頸がんワクチンとは、原因となるHPV感染そのものを予防するという究極の予防方法です。HPVは150種類以上の型があり、ワクチンは最もハイリスクな16型と18型をターゲットとしています。しかし、ほかの型で発がんすることもあるため、ワクチンでの予防効果は100%ではありません。よって、性交渉が始まる前にワクチン接種を行い、一度でも性交渉があれば、その後定期的に子宮頸がん検診を受けることが理想的です。
注意すべきは、子宮頸がんワクチンは現在感染しているHPVを排除したり、子宮頚部前がん病変やがんを治療したりする効果がないということです。
とはいえ、次回の感染を予防する面でメリットはあり、今までの研究結果からは26歳以下であれば、性交渉の経験があってもワクチンを接種すべきであるといわれています。定期接種対象者の方に対しては公費助成でHPVワクチンを接種することができます。

HPVワクチン(ガーダシル4価) 計3回(1回18,000円)

※予約制になります。事前に電話にてご連絡ください。

ガーダシルは公費で無料で受けることができます。
自費:公費以外の9歳以上の方が対象